ほうろう(琺瑯)の特徴

ほうろう

鉄とガラス。全く違う2つの素材を結合させたほうろうは、それぞれの良い面が活かされ、長所もひろがります。

硬くて丈夫な鉄と美しくて、耐蝕性(腐食に強いこと)耐摩耗性(すりへらないこと)非吸着性(においがつかないこと)に秀でたガラスの両者の持てるすばらしい力をフルに結集したのがこのほうろうなのです。ですから『ほうろうではなくては』という用途もいっぱい!

ほうろうの優れた特徴がさまざまな分野で活躍しています。

  • 耐熱・保温性

    優れた耐久性、耐熱性、耐酸性

    ホーローは金属の表面にガラスを高温で焼きつけたものです。抜群の耐久性、耐熱性を発揮するとともに耐酸性に優れ、塩素、硫酸、有機酸、等に対しても極めて強いのがホーローです。

  • 耐食・耐酸

    臭いが付きにくい抜群の非吸着性、清潔感

    日常の台所用品として、においが付きにくいことは大事なこと。ホーローは表面がガラス質のために抜群の非吸着性を発揮し、においが付きにくくなめらかで洗いやすく清潔さを保ちます。

  • 美しい色合

    高い保温性で熱を逃がさない

    分厚い素地と内外部を完全にカバーした熱伝導率の低いホーロー層のため、優れた保温性を発揮。お料理もさめにくく、湯もちも良好です。

  • 非吸着

    美しい色合いと光沢が魅力

    ガラス質だから、着色が自由自在。鮮やかで美しい色合いと光沢が楽しめるとともに、長い年月がたっても色調の変化はほとんどありません。

ホーロー製造工程

  1. 前処理

    ホーロー加工前の鋼板を成形した生地を脱脂、酸洗等で表面処理します。

    • 生地詰め
    • 連続洗い
  2. ホーロー釉薬(くすり掛け)

    • ディッピング1
    • ディッピング2
    • スプレー
    • スプレー
    • 静電施釉
    • 静電施釉
  3. 乾燥

  4. 焼成

豊琺瑯製造工程(転写貼り→検品→焼成→検品→梱包)絵付けの様子